お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

ドイツのヒモラ(himolla)本革ソファカバー 塗装修理

おはようございます♪ ファニチャーリペアテーブルではソファや椅子やテーブルなど脚物家具を中心に、生地の張り替え・クッションの修理やパーツの修理や交換・木部や革の塗装修理・オーダーソファの受注制作などを行っております。

毎日の施工事例をこちらのブログから発信しておりますので、施工事例を参考にお持ちのソファや椅子などの家具の制作や修理をご検討頂けると幸いです★

張り替え用の生地はどの様な物が選べるか、こんな生地で張り替えたい、依頼までの流れはどうなるのか、などなどご不明な点がありましたらお気軽にお声掛け頂ければと思います💺

それでは本日もこちらのブログから、ソファの修理事例をお届けさせて頂ければと思います。

 

今日ご紹介させて頂くのは、ドイツ製のヒモラというブランドのソファの修理事例になります。

ヒモラのソファは弊社でも数多く修理実績のあるブランドの一つになりますが、今回はソファカバーの革が傷んでしまった為にご相談を頂きました。

どの様にソファが劣化してしまったかというと、こちらのお写真をご覧頂ければと思います。

 

IMG_8837

 

こちらソファの修理前の状態ですが、カバーの革自体はこの写真では左程傷んでいるようには見えませんが、もう少し近づいてみるとこの様な劣化がありました。

IMG_8839

86177832760e9509f18c29

 

写真の通り、革の表面に禿げている部分が出来てしまっています。

引っかかったか何かして、表皮が剥けてしまったのですね(-_-;)

 

124372714360e9509f17d91

掃除機か何かが当たってしまったのでしょうか??

座面の手前側にこの様な剥げている部分が数カ所ありました。

全体的には奇麗に使われているソファなので、このような小さな剥がれも目立ちがちになってしまいます。

今回はこの数カ所の革の剥がれや傷などを塗装修理にでメンテナンスしていくこととなりました。

本革のメリットの一つとして、酷いひび割れや破れなどは別ですが、この様な小さな傷や剥がれなどは生地を張り替えずに塗装修理で部分的に対応することが出来ます。

全ての革を張替える事を考えると、メンテナンスのコストはかなり落とせるのではないかと思います。

塗装中や塗装後の乾燥期間もある為、ソファは一度工房に持ち帰らせて頂いて修理を進めて完了した後、再度ご納品させて頂いた流れになります。

IMG_9420

IMG_9419

IMG_9421

 

そして修理後のソファの様子がこちらです。

先程まであった、革の剥がれも奇麗に修正されました☆

IMG_9423

 

ソファや椅子の小さな傷から全面張替えまで、出来る限りメンテナンスのご希望に添える様務めております。

ソファや椅子やテーブルなどの修理や張替え、受注制作のご相談は是非お声掛け下さい。

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP