お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

こんにちは、既に年末年始の休みに入っている方々も多いとは思いますが、まだまだ家具の修理事例や制作事例のUPをさせて頂きます!^^

今日は、コンランショップのファブリックソファーの張り替えをさせて頂きましたのでそちらの事例紹介をさせて頂きます。

カバーリング仕様のソファーで大きめのふっくらとした置きクッションが、座面に2つあります。

まずは修理前のソファー写真です。

コンランショップソファー

奥行もかなりあり、ダイナミックでゆったりと座れるようなソファーで、座ると体がふっくらと包み込まれそうな感じです^^ 色もダークパープルでかなり存在感あります。

今回のソファーの修理ですが、表面のカバーリング部分の布は色の薄れは多少ありますが、特に問題はありません。

それでは何を修理するのというと、この紫色のクッションやカバーを剥がすと実はこのような状態なのです・・

下地

あらま。。という感じで、ソファーカバーの更に下の部分の布が破れて、クッションも丸見え状態になってしまっていました。

生地の破れに加えて、ウレタンクッションも裂けてしまっているので、生地の交換とウレタンクッションの修理をすることになりました。

一度ソファーを持ち帰り、張り替え修理後に納品です。

でもソファーの大きさがかなりあるので、マンションの間口からそのまま搬出するには少しリスクがあるので搬出時はソファーを解体し、搬入する際にも解体したソファーを納品し、お部屋の中で組立です。

ソファー納品

バラバラのパーツをすべて持込し組立作業です。

ソファー張り替え後

完成したソファーです! 生地は汚れもシミも目立ちにくい黒に今回は変更しました。

カバーの更に下の生地なので普段は人目に触れることは無いのですが、それでは綺麗になるととても気持ちが良いです^^

カバーリング

この張替えた下地の布に、カバーを被せていきます。

IMG_4173

これでバッチリと基に戻りました!

コンランショップソファー

クッションも置いて、元通り!です^^

クッションの下のバネの部分も歪みが出ていたので、今回はそちらの修理もしましたので座り心地も改善されていると思います。

今後も長くこのソファを使ってもらえるといいですね^^

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP