お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

こんばんは☪ 今日はソファーの修理事例をご紹介させていただきますね^^

以前に海外で、20年程まえに購入された本革生地のソファ。長い愛用されていたようですが、お引越しと同時にソファーも綺麗に修理しようという事で、ご依頼をいただきました。

まずは早速、こちらがソファーの修理前のお写真になります。

IMG_4204

使われていた年数もかなり経っていたため、生地やクッションなどの状態は良くはありませんでした。

木部のフレームが折れていたりとの事は無かったのですが、特に座面や肘掛の革の破れ、そしてウレタンクッションの沈みやヘタリなどといったところが、修理が必要でした。

そして革素材によくある色抜けや変色なども多く見られていたので、そちらも修復していき新しいご自宅にミスマッチしないように、綺麗な状態でお返しさせて頂きたいと思います^^

まずは座面と肘掛部分に関しては、ここまで生地が破れてしまっていると張替え修理が必要なので、型紙を起こし生地を張替えていきました。

張替えと同時に中身のクッションも交換修理です。クッションに関しては、特に肘掛の部分が大きく凹んでいたので左右のアンバランスさを保つためにも修正しました。

修理する前の傷んだ肘掛です。

IMG_4206

革はすでに油分を多く含み過ぎて、手で引っ張っても破れる状態でした。

座面や肘掛は特に人肌がたくさん触れる部分なので、傷む速度はほかの部分に比べても早くなる傾向が強いと思います。

そして座面や肘掛など生地が破れてしまって張替えが必要な部分以外ですが、そういった部分に関しては革がまだしっかりしている、修理費用を安く済ませる、などの理由から塗装修理にてリペアしました。

修理が完成し、無事納品させていただいた際のソファーです☆彡

ソファー修理後

修理前とは見違えるように綺麗になりました。

新居にはやはり綺麗な家具が合っているかと思います^^

ソファーや椅子の劣化や痛みなどで、DIYでは修理しきれないなどお困りの際には、ファニチャーリペアテーブルまでお声掛け下さい。

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP