お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

おはようございます★ 今日はカリモクのソファーの張替え修理事例をご紹介させて頂きます。

張り生地は本革で、先代から受け継いでかなり長い期間つかっているというソファーでしたが、是非張替えてこれからも使っていきたいとの事で、ご依頼を頂きました。

早速修理する前のソファーお写真をご覧下さい。

IMG_5052

特に向かって左側の座面部分と肘掛部分。

こちらの革が大きく破れてしまっていてウレタンクッションも見えてしまっている状態でした。

向かって右側のシートに関しては革が傷んではいますが、破れている状態ではありません。

左側によく座っていたんででょうね^^

ご家庭それぞれによって、よく座る場所やそうでない場所などもちがってくるので、やはりよく座る場所や荷重のかかっている場所などは、ウレタンクッションがほかの部分より沈んでいたりへたっていたり、生地がほかの部分に比べて擦れていたり、破れていたり、はたまた退色していたりと劣化に偏りがあることが多いです。

そしていつものように、ソファーを分解し、クッションを修正し、型をとり、生地を裁断し、縫製、張り込みと終え、納品させて頂きました。

仕事の流れは一定でも、扱うソファや椅子が一つ一つ違うものなので、パターンが違ったり、縫製する為の技術が違ったり、生地の扱い方が違ったりと毎回同じ内容の事はほとんどありません。

それが張替えの面白さでもあるかと思います^^

IMG_5861

変わってしまった色も元に戻り、破れてしまっていた革も綺麗な状態になりました★

また長く使用してもらえると嬉しいです。

ご依頼有難うございました。

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP