お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

おはようございます☼ 今日は久々の晴れ間が覗いた気がして気持ちがいいですね♪ 週末の仕事を楽しみたいと思います^^

さて、今日ご紹介させていただく事例は、以前に大塚家具で購入されたという革の3シーターソファーです。

座面と肘掛の革の破れや黒ずみが酷くて、張替え修理をご相談いただきました。

実際にご自宅へソファーの状態を拝見しに伺い、ソファーの歴史といっては大げさかもしれませんが、使っている年数や購入に至った経緯や、いつもどの様に使っているのかなどのお話を色々お伺いすることができました。

こういったお話をお伺いさせていただけると、修理や製作の際には作業のイメージが作り易くなります。

お客さんが何に困っていて、ソファーや椅子は家庭内でどの様に考えていてどの程度大事な位置付けなのか、今後どの様に使って行きたいのかなどなど、とても参考になるのです^^

拝見させていただいた修理前のソファーです。

IMG_0714

結構な汚れが溜まっていますね^^

特に座面と肘掛は破れや革表面の割れも合わせて、張替えが必要そうです。

IMG_0717

もともとシボの大きな革らしい革だったので、その大きなシボの中にも汚れが詰まっていて、そのシボに沿って割れや表面の剥がれも出てきています。

IMG_0716

肘掛も同様でした。 座面に比べて剥がれ等も多いのでもっと酷くは見えますね^^

IMG_0719

ご自宅から搬出する際は、間口の寸法の関係もあり、一度ソファーを座面と背もたれ部分に解体してから運び出しました。

工場に持ち帰り、座面と肘掛の革は張替えをし、背もたれなどの部分に関してはクリーニングにて汚れ等を除去し、その後塗装メンテナンスをしました。

背もたれも張替えてしまうと料金が高くつきますから、まだ革を十分に使用できる部分に関しては塗装を行い綺麗な状態に戻しました。

修理後の状態です。

IMG_1240

見違えた状態になりました^^

ソファーがボロボロ、買い換えないと。と諦めている場合は、布生地・合皮・本革と生地の種類や椅子やソファーの形状を問わず、張替え修理をご検討されてみては如何でしょうか。

お問い合わせは

お電話の場合⇒03-6869-4017

メールの場合⇒contact@tableinc.net

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP