お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

コスガの椅子 生地の張替え前にウレタン交換

おはようございます☼ 皆様いつもブログをご覧頂き有難う御座います!今後もソファーや椅子、そして木部の修理や製作などに関して、どんどん情報を発信していければと思っております♬

今日はソファーや椅子を製作する、張替える中でほとんどの場合に必要になって来るクッション性を保つための材料、ウレタンクッションの交換を行いましたので、そちらをご紹介させて頂きたいと思います。

まず、修理前の椅子の写真がこちらになります。

IMG_1408

背もたれと、座面に生地が張られてその下にはウレタンクッションがあります。

今回はウレタンクッションと生地の交換という事で、生地を先に剥がし、中のウレタンクッションを交換しました。

まずは座面を取り外しました。

IMG_1424

座面は椅子のフレームに一枚の板がビスで止まっていて、その板の上にウレタンクッション、そして生地という作りです。

IMG_1425

背凭れの生地もはがすと、劣化して硬化してしまった背もたれのウレタンが見えてきました。

この硬化した状態だとクッションを触っただけで、表面からポロポロと剥がれ落ちてしまうような状態になっています。

椅子の下にウレタンクッションの素材が落ちたカスが見えます?

IMG_1431

そして次は背もたれのウレタンクッションも取り外し、木のフレームだけの状態になりました。

クッションや生地は、ステープル(ホチキスの針の大きいバージョン)で細かくウレタンや生地の縁周りに留められているので、一つ一つフレームを傷つけないように手作業で取り外す必要があります。

手間は掛かりますが、以外に雑に行えない作業です(;’∀’)

そこで、やっと新しいウレタンクッションを座面と背もたれ分を作って、もう一度ステープルで留めたり専用接着剤で取り付けたりとしていきます。

IMG_1434

座面部分は更に薄い仕上げのウレタンを重ね、背もたれと座面に型を取った生地を張っていく事になります。

ソファーの場合はもっと大掛かりになってきますが、椅子の場合はこの様に修理を行って行きます^^

生地の柄などのデザイン的な部分も大事ですが、中身もとても大事な部分になります。

椅子やソファーの張替えや修理、そして制作などでお困りの際にはお気軽にお声掛け下さい♫♬

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP