お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

フランスベットの本革ソファー 座面の張替えと木部の修理

おはようございます☼ 今日も早速ソファーの張替え修理事例をご紹介していければと思いますので、お時間ある方はご自宅のソファーや椅子と、劣化状態など照らし合わせてみてみては如何でしょうか^^

今日ご紹介させて頂くのは、本革生地を使ったダイニングソファーセット。

以前にフランスベットでご購入されて十数年使っていたようです。

修理にお預かりさせて頂く前の、ソファーの状態はこちらのお写真になります。

IMG_1120

一番大きく劣化しているのは、見ての通り手前のソファーの座面部分。

ここが大きく破れてしまっていました。

IMG_1121

こういう破れは革自体が経年によって、油分を多く含みすぎたり、または乾燥したりなどでひび割れ部分から破れたり、革のもともとのシワに沿って破れてきたりとありますが、今回のこの破れに関しては座面の部分の革のパーツが幾つか分かれているのですが、そのステッチラインを境に破れてしまっています。

この様に、生地の縫製ラインを境に破れが生じてしまうという事は良くあるので、飾りステッチなどの場合はそのステッチを張替え時に無くして縫製することも出来ます。

ただし、形状的にそこでパーツを分割しなければその形状を出せないなどの場合もあるので、そのあたりは確認が必要です^^

さて、こちらのソファーですが搬出を終えて座面部分の張替え修理をし、背凭れに関しては塗装修理、そしてもう1カ所、木部のフレームも外れかかっていたので、そちらも修理を行いました。

修理後の状態はこちらになります。

IMG_1653

 

IMG_1655

座面の破れている部分や、ひび割れ部分なども奇麗に解消されて生地の状態も戻りました。

ソファーや椅子は表面の生地が傷んでしまっても、張替え修理やウレタン交換などで奇麗な状態でまた使って頂けます。

傷んでしまっても諦めずに、一度ご相談だけでもお待ちしております。

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP