お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

アンティークの椅子を再生

こんにちは☼ 今日は50年以上も前に使っていた椅子をお預かりしました、ご本人も既に正確には何年程前なのかは覚えていないとの事でしたが。。

そうですよね(;^ω^)

では早速そちらのお預かりした椅子ですが、こちらになります。

IMG_1866

 

ストライプのサテン系の生地が張られていたアンティーク。

生地やクッション材の他、土台の部分からも修正が幾つか必要そうです。

一度生地を剥がしてから状態をよく確認してみます。

IMG_2133

まず、座面の生地を剥がすとベースになるクッションは藁(わら)。

今はウレタンクッションなどになりましたが、昔はこのような詰め物が主流で歴史を感じますね。

建物などの屋根も昔の藁ぶき屋根から進化していますものね(;^_^

IMG_2134

そして藁を起こすと次に現れるのはこれ。

麻のシートが張ってある状態で、その下にはコイルスプリング。

IMG_2188

そしてシートも剥がすと、こんどは釣りバネが見えました。

このバネ釣りの技法も欧州と日本とでは違うそうです。

古くなったパーツや木もあり、清掃も兼ねて一度全てバラシました。

IMG_2189

こんな感じにスッキリ♪♪

背凭れや肘掛の綿や藁などもかなりの年数が経過しているので、一度全て剥がしてからの再生をしていきたいと思います。

選んで頂いた生地の雰囲気も張替え前とは違うものになるので、どの様に張替え後は再生されるか楽しみながら作業をしていきたいと思います☆

簡易的な椅子などに比べてもちろん手間の多くかかる椅子なのですが、

再生された時の達成感というかは一入です^^

張替え後の状態もお楽しみに☆

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP