お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

ニコレッティー(nicoletti)の革ソファー 生地の破れ 張替え修理

おはようございます☼ 今日はイタリアブランド、ニコレッティーのソファーの張替え事例をご紹介させて頂きます。

まずはお客様宅にソファーのお引き取りにお伺いさせて頂きました。

その場合、作りのコンパクトなお家などはソファーの搬入出をするには、間口の広さが足りずソファーがそのままの状態だと間口から出ない場合なども多々あります。

ソファーが出ないなら、どうやって入れたの?という事になりますが、クレーンや人力での吊り上げをして入れているのです。

そんな場合はこの様にしてソファーを搬出しています。

IMG_2221

 

ソファーを分解ですね^^

どちらにせよ、ソファーを張替えるときには分解する必要があるのでお客様のご自宅をお借りして、ご自宅内で分解して搬出します。

IMG_2219

 

こちらソファーの修理前の分解前です。

座面が酷く破れてしまっているので、これは革の張替え修理になりますね(;^_^

長く愛用されているというこちらのソファーも、傷んでしまって捨てようかと考えていたようですが、修理出来るのであればこれからも使っていきたいという事で、声を掛けて頂きました。

ソファーを分解した後は、工房に持ち帰り作業を開始です。

IMG_2687 (1)

 

まずはここ、写真が分かりずらくてすいません(;^ω^)

座面の下の部分ですが

IMG_2667

 

ステープルで留まっている革をステープル一つ一つを抜いていき、剥がしていきます。

IMG_3576

 

この赤丸で囲ってある箇所にステープルという革や生地を留めるピンが打ち込まれていますが、全て一度抜いていきます。

そして剥がした生地からいつものように型を取り、革の裁断と縫製に移っていきます♬

IMG_2685

 

革の上にパターンを重ねてマーキング☆

IMG_2686

 

生地の裁断完了です♬

IMG_2665

 

座面の右から左まで、縫製でつなぎ合わせて先ほど剥がしたフレームに生地を張り込んでいきます。

IMG_2679

こ~んな感じでいったん革を張り込み後は背凭れと肘掛けをもう一度組み込んでいきます。

 

今の作業はここまでなので、完成写真は後日UPさせて頂きます^^

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP