お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

ターンドレッグのアンティークチェア 籐の張替え

こんばんは、今日の東京は暖かくて過ごしやすかったですね♫ 春が待ち遠しい^^

今日、ご紹介するのはアンティークチェアの背凭れ部分の張替え。 座るところはファブリックが張り込んであって、背凭れの素材はラタンシートです。

椅子はこちらになります。

IMG_2855

 

脚はターンドレッグで座面の生地は丁寧に鋲打ちされています。

座面の生地に問題はないのですが、背凭れのラタンのシートが破れています。

IMG_2853

 

籐(ラタン)も長年使うとこの様に破れが生じてしまいます。

椅子に張られているラタンには手編みで一目一目仕上げているものと、既にシート状になっているラタンを張り込んでいるタイプとがあるのですが、今回のこちらはラタンシートが張られているタイプです。

手編みタイプのラタンは基本的にかかる手間が大きいにで、おのずと工賃も高くなります。

シートタイプのラタンであれば、手編みに比べて安く張替えが可能です。

張替え前には手編みタイプだったものを、シートタイプのラタンに変更を出来る場合もありますが、そうなると

椅子の仕様を変更するのに作業の手間がかかるので、結果的に手編みタイプからシートタイプの仕様に変えるのと、手編みのラタンでそのまま仕上げるのとでは、料金があまり変わらない場合もあります。

 

ラタンシートには、「四ツ目」「3分の籠目」「5分の籠目」とが基本的にありますがそれぞれ空いている穴の形状と大きさが違います。

今回張替えを行うラタンシートは「5分の籠目」になります。

ただ、正直お客様でそこまで目の大きさなどにこだわって張替えを希望される方はとても少ないですが、当社では

張替え前の状態と同じ仕様で張替えを務めています☆

 

IMG_2849

そしてこちらが、傷んだラタンシートを剥がした状態。

椅子の背凭れのフレームに溝が掘ってあって、その間にラタンのシートが張り込まれているのです。

IMG_2827

 

シートが奇麗に外れて何にも背凭れには何もなくなりました^^

 

IMG_2826

 

この様に、背凭れのフレームに新しいラタンシートをタッカで張り込んでいきます。

 

IMG_2822

 

これは新しいシートを背凭れに張り込んだ後ですが、今はラタンシートが生成りの状態で染色や塗装がされていません。

ご希望がある場合には、このように生成りの状態のラタンに塗装を掛けていきます。

座面やフレームなどに塗料が付かない様に、マスキングテープなどで完全防御です♬

 

IMG_2790 (1)

 

ラタンの塗装も完了して、納品させて頂きました☆

IMG_2791

 

ソファーや椅子の生地の張り替えの他、ラタンの張替えや木部の塗装やグラつき修理など。

ソファーや椅子に関するお困りごとは、ファニチャーリペアテーブルまでお声掛け下さい♫

 

 

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP