お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

大塚家具のローバック ダイニングチェア 生地の張り替えとウレタン交換

こんにちは☆彡 お引越しやリフォームが忙しいこの時期、それと同時に椅子やソファーのメンテナンスもされて

みては如何でしょうか♫

廃棄しなければいけないと思っているソファーや椅子も、張り替えや修理によって再生できるので、お気に入りの

家具などの修理や張り替えはお気軽にお問合せ下さい★

 

さて、今日ご紹介させて頂く椅子の張り替えは以前に大塚家具でご購入された、ローバックのダイニングチェアになります。

 

背凭れと座面が布張りの椅子、そのファブリックがそろそろ傷んできてしまったので張り替えとなりました。

お預かりさせて頂いた椅子はこちらになります♫♫

IMG_4080

 

ローバックの布張りの可愛らしい椅子、こちらを4脚セットでお預かりさせて頂きました♪

 

IMG_4081

 

布も経年劣化で、新品当初よりも色も薄れてしまっているのかと思います。

 

座面や背凭れのウレタンクッションも外見から見ても、ヘタリや硬化がありそうな感が出ています。

ウレタンクッションが傷んでしまっているままだと、いくら生地を新しくしても椅子としての機能を果たさないの

で、ウレタンクッションも同時に修繕が必要そうです。

 

IMG_4082

 

ハイバックの背凭れは首が後ろに倒せなくて苦手。。

 

という方には、このようなローバックのチェアもいいかも知れませんね^^

 

IMG_4083

 

4脚並ぶと、やはり生地の薄れや汚れやくすみなど、布の劣化も目立ちやすいかもしれません。

 

工場へまずは椅子を配送させて頂き、まずは椅子の生地を剥がして内部の確認をしていきます。

 

 

 

IMG_4452

 

引き取った椅子の生地を剥がしてみた状態がこちらになります。

御覧の通り、ウレタンクッションが硬化してしまってかなり劣化していました。

見えない部分なので、普段あまり意識することは無いのだと思いますが、この状態だとクッション全体を交換する必要がありそうです(;^_^

 

IMG_4475

IMG_4474

 

座面と背凭れのクッションをまずはこの様に荒裁ちして、ここから表面を仕上げ材などで仕上げていきます。

 

IMG_4473

 

張り替えの為の新しい生地も、この様に裁断が済み、ここから縫製を掛けてカバーを作っていきます♪

今回張り替えに選んで頂いた生地はシンコールのシナトラ T7563

ポリエステル100%のチャコールグレーの生地になります。

詳しい生地情報が気になる方は、以下のURL、デジタルサンプルブックからご確認下さい^^

https://www.sincol-group.jp/digitalcatalog/textile2019/#page160

 

IMG_4476

 

そしてこちら縫製も仕上がった生地を、先ほどのウレタンクッションへ被せて張り込んでいき、完成後に納品です◆

 

IMG_4592 (1)

IMG_4593

IMG_4594

 

色がくすんでいたりした生地も奇麗になり、潰れていたウレタンクッションも交換したので、クッション性も

かなり良くなりました。

 

<張り替え前>

IMG_4083

<張替え後>

IMG_4595

 

椅子やソファーの張り替え修理や、木部の塗装修理など、ご自宅や店舗又は病院などの家具のお悩みは、ファニチャーリペアテーブルまで、お気軽にご相談ください♫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP