お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

スツールの座面生地 張り替えとウレタンクッションの修理

こんばんは★ やっとぽかぽか陽気が漂ってきた今日この頃です、春はすぐそこな空気ですね^^

今日はソファーやリクライニングチェアなどにも付属する、スツールの生地を張替えましたので、そちらの事例紹介をさせて頂きます。

スツールと並ぶ椅子としてはオットマンと呼ばれるものもあります。

厳密にいうと、用途が少し違うのですが実際は混同して呼ばれているので同じようなものになります。

スツールは腰掛け椅子としても使われるもの、オットマンはソファーや椅子の脚掛け用として使われるものなので

少し高さが低めという事が多いですかね☆

でもまあ、一般的には区別なく呼ばれているのでどちらの呼び名でも通じますね^^

 

さて今回お預かりさせて頂いたスツールですが、化粧台の椅子としてもご利用されているもので長い間活躍してきたので、生地に傷みが生じて張り替えをご依頼いただきました。

 

お預かりさせて頂いたスツールがこちらになります。

 

IMG_4084

 

見た目で既にわかるかと思いますが、中のウレタンクッションも潰れてしまって生地がかなり弛んでしまっていますね(-_-;)

これではクッション性も無く、座っていても心地が良くないでしょう。

IMG_4400

 

工場に持ち帰ると、まずは張り替えの為に座面の取り外しを行い生地を剥がしていきます。

木部のフレームの部分はとてもきれいな状態なので、傷つけない様に慎重に作業を進めていきます。

 

IMG_4401

 

そして生地を剥がしてみると、座面の中身のクッションはこの様な状態でした。

少し触って表面を擦ると、ポロポロとウレタンが剥がれ落ちてきてしまうような状態ですので

これはもう、椅子のウレタンクッションとしては限界を越しているので、交換ですね(;^_^

IMG_4407

 

早速まずは、椅子の大きさに合わせて荒裁ちしたウレタンクッションにノリを吹き付けていき、張り合わせていきます。

 

IMG_4408

 

仕上げ用のウレタンにも接着剤を吹き付け、先ほどのウレタンクッションと重ね合わせて貼っていきます。

 

IMG_4409

 

加工して出来上がったウレタンクッションを、先ほどの劣化したクッションを剥がしてから、この様に座面のフレームに設置し、この上から生地を張り込んで完成となります。

 

IMG_4590

 

IMG_4591

 

新しい生地は光沢のある上品な生地です。

張替え前とは全く印象も変わりましたので、気分もかなり違うのではないかと思います♪

 

ソファーや椅子の張り替え修理や木部の塗装修理など、家具のお悩み事はファニチャーリペアテーブルまで

 

お声掛け下さい^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP