お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

ウッドフレームのベンチソファー 生地の張替えとウレタンクッションの交換

こんにちは☼ 今日の東京は快晴でとても気持ちが良いです^^

今日ご紹介させて頂くソファーは、病院の医院長さんがご利用されているベンチソファーです。

お客様を迎えるときに使用されたり、ご自身でくつろいだりされる為のソファーだそうで、セットで同様のソファーが2体になります。

 

IMG_4530

 

張り替えるベンチソファーはこちらになり、傷んでいる箇所は生地のシミや汚れ、そして黒ずみなどの他、背凭れの合皮の部分に関しましては、ひび割れが目立っているので似た色の合皮で張り替えを行います。

このベンチソファーには偶に横になる事もあるらしく、座面のウレタンクッションに関しては少し前に出る形で変形してしまっていますので、ウレタン交換を行いますが、その際に今のクッションの厚みでは横になるには薄すぎるという事で厚みはもう少し厚く、硬さも少し硬めに変更しようと思います。

 

IMG_4528 (1)

 

横から見ると良く分かりますが、恐らく座ると前に引きずられる形でクッションの形も変形していってしまったのかと思います。

 

IMG_4531

 

ソファーの座面部分は、この様にマジックテープによって裏側でズレ留めがされています。

 

IMG_4532

 

ソファークッションの裏側です、このマジックテープで座面が留まっています。

 

打ち合わせをさせて頂き、このあたりの仕様は変更せずにそのままで行こうと思います。

 

IMG-4672

 

早速工房にて作業の開始ですが、まずはソファー座面のウレタンクッションの交換をしその後生地のパターン作成後に生地の裁断縫製をしていきます。

 

以前のクッションだと座った時や横になった時の底付き感が満載だったので、厚みも増し、クッションも硬くしたので、以前よりはかなり快適になるかと思います^^

 

IMG-4700

 

背凭れ生地と座面生地のパターンを作成し、新しい生地の裁断縫製を進めていきます♬

IMG-4699

 

今後、ソファーの座面の生地が洗えるようにと、以前はついていなかったファスナーを取り付けてカバーを脱着式に変更いたしました。

生地もウォッシャブルの生地を選んで頂いたので、生地が万が一汚れてしまっても洗えるようにとなっています。

ソファーや椅子の生地は、デザインも重要ですが機能的な生地も幾つかあるので利便性を考えて生地選びをされるのも良いかと思います。

ソファーの生地が汚れてしまった、傷がついてしまった、破れてしまったなどの際に、「この生地にしておいて良かった^^」

という事になるかもしれませんからね★

 

IMG-4697

 

座面生地の周りはロックミシンを掛けて解れ止めをします。

 

IMG-4698

IMG-4696

IMG-4695

 

そして完成した座面の生地に、マジックテープを取り付けていきます。

 

IMG-4694

 

座面はこの様な感じで出来上がりましたので、後は背凭れの合皮も張替えると完成となります。

なんだか、クッションの厚みも増していい感じです((´∀`))

完成後の納品時に又UPさせて頂きますので🎶🎶

 

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP