お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

NAGANOインテリアの本革チェア 座面生地の張替えとクッション交換

皆様こんにちは😊😊  今日は本革生地の椅子を張替え修理させて頂きましたので、そちらの事例紹介をさせて

頂きたいと思います♪

お預かりさせて頂いたのは、ナガノインテリアのダイニングチェア、張地に痛みがあってウレタンクッションも既にヘタってしまっている状態でしたので、張替えをさせて頂きました。

 

 

IMG_4809

 

背凭れは籐張りのアンティークチェア、御覧の通りに座面生地の革は既に表面が擦れ、色も剥げてしまっています。

そしてクッション部分は真ん中が凹んでしまっているので、こちらも併せて修正が必要です。

 

椅子として快適に使って頂けるように修理ですね😃

 

 

IMG_4895

 

預かった椅子はまずはこの様にフレームから座面部分を取り外し、ここから生地を剥がして革の交換とクッション交換を進めていきます♪

 

既に革生地の表面はカサカサな状態で使用感が結構ありますね(-_-;)

 

革に油分を含みすぎている状態なので、塗装修理という方法は施工をするには難しいです。

この状態で塗装修理をしてしまうと、修理後に奇麗に見えても塗料がしっかりと中で密着しないので、修理後に又直ぐに痛みが出てきてしまう懸念があるので、今回は張り替えを行う事にしました。

 

IMG_4961

 

IMG_4896

 

剥がした生地と、生地を剥がした状態のウレタンクッションです。

長い期間頑張った感の出ているウレタンクッション、これは奇麗に交換です☆

 

IMG_4897

 

一度木板から古いウレタンクッションを剥がし、木板も一度洗浄し奇麗な状態にしたのちに、新しいウレタンクッションを加工していきます。

 

IMG_4900

 

座面に新しいウレタンクッションが張られて、ここから後は一枚仕上げ材を張りウレタンは完成です^^

 

IMG_4945

 

張替えに使う新しい本革に、まずはマーキングをしていき裁断をしていきます♪

革を使用する際にも、経年とともに出来るだけ変な方向にシワが出たりしない様に、型をとる方向を間違えずにしていくことも大事です★

 

IMG_4944

 

IMG_4946

 

マチとカガミ部分を裁断し、今度は玉縁を取り付けて縫製していきます

 

IMG_4955

 

玉縁も張替え前は破れて、芯が飛び出していたので新しく作成し、座面のマチとカガミと合わせていきます。

 

IMG_4957

 

仕上がった革の座面を先ほどの交換したウレタンクッションに張り込んでいき、椅子本体のフレームともう一度組み合わせて完成です。

 

IMG_4960 (2)

 

革の擦れ傷や痛み、ウレタンクッションのヘタリなども解消されて、本体はまだまだしっかりしているのでこれからも長く使用していただけるかと思います😊

 

椅子やソファーの張り替え修理や、木部や皮革の塗装修理など、ソファーや椅子やテーブルなどに関するお困りごとはファニチャーリペアテーブルまでお声掛け下さい。

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP