お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

本革のリビングソファー 生地の破れ張り替え

おはようございます☼ 普段何気なく使っているソファーや椅子だと思いますが、いざそのソファーや椅子が違うものに変わってしまうと違和感がある、前のソファーの方が座り心地が良かった。

なんてご経験はありますか?

今回ご紹介させて頂く、ソファーのオーナー様も色々な家具屋さんに足を運んで新しいソファーに座ったりして探したのですが、今のソファーの座り心地に変わるものが無かったという事で、張り替え修理のご依頼を頂きました。

 

なかなか手放したくない家具や椅子ってありますよね、張り替えにお預かりさせて頂くソファーや椅子はそんな事情でお預かりさせて頂くものも結構多いのですよ^^

 

そのソファーですが、本革張りのソファーになりこちらの製品です。

 

IMG_4822 (1)

 

長年愛用されたこちらのソファー、座面の部分に既に破れ隠しのためのテープが張られていて、他の部分も革生地に擦れ傷などが目立っています。

そしてオーナー様が何よりこだわっていたのが座り心地。

この座り心地が購入当初に比べて悪くなっているという事と、同じ座り心地を求めて色々なソファーを見て回ったけれども、どうもしっくりくるものが無かったという事でした。

バネの部分も緩んでしまっている可能性が高いので、生地お張り替えに加えてバネ部分もチェックしていきました。

 

IMG_4824

 

ソファーとしては少し悲しい状態なので、張り替えてしっかり修正していきたいと思います^^

 

IMG_4919

 

まずは裏側の生地を剥がして、ソファーを分解し中身のチェックです。

 

IMG_4963

 

こちら座面のパーツですが、ウレタンクッションの状態とバネの状態を確認していきます。

実際に座ったり押したりとチェックしてみると、やはりウレタンクッションもそうですが下支えするバネの部分がとても緩く、エラスベルトの交換が必要なのかと思います。

 

IMG_4964

 

これが交換前のベルトの張り具合ですが、ベルトも長年使っているので伸びていて、今後の事も考えベルトの本数も増やしました。

 

IMG_4965 (1)

 

一旦全てのベルトを外してから、座面の土台に新しいベルトを張っていきます。

 

IMG_4966

 

以前よりもベルトの本数も増やしたので、張り替え前に比べて最初は少し硬く感じるかもしれませんが、これくらい張り感があると、今後もしっかりと体を支えてくれると思います。

 

IMG_5022

 

ウレタンクッションにもヘタリが見られましたので、修正が必要かと思います。

 

IMG_5024

 

新しいウレタンクッションも仕上げ直して、ここに新しい革を張っていきます。

 

IMG_4944 (1)

 

革の裁断。。

 

IMG_5025

 

破れていた座面生地が新しい革で張り直しされ、奇麗な状態に戻り、一番のお悩みだったソファーの座り心地もかなり良くなったかと思います。

 

背凭れなどの擦れ傷は塗装修理で仕上げました。

 

ソファーや椅子を使っていくにあたって、座り心地と外見は両方大事かと思います。

 

傷んでしまったソファーや椅子も張り替えや修理によって再生することが出来ます。

 

廃棄を考える前に張替えや修理もご検討されてみては如何でしょうか。

 

椅子やソファーの張り替え修理はファニチャーリペアテーブルまでお声掛け下さい。

 

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP