お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

ドレッサー スツールの座面 ファブリックの張り替えとウレタン交換

こんにちは~♬  本日の記事は、化粧台に使われているスツールの張り替え事例の紹介になります★

椅子やソファーは今の社会には欠かせない家具の一つかと思いますが、ドレッサーなどは女性には欠かせないツールなのでは無いでしょうか^^

今回張り替えさせて頂くスツールはこちらになります。

 

IMG_4808

 

木部分は鏡面仕上げの化粧台。

化粧台部分はなんともなく、オーナー様も特に気にされている訳ではないのですが、スツールを引き出してみると

この様に椅子の座面部分が劣化しています。

 

IMG_4485 (1)

 

ウレタンクッションも恐らくもう硬化やヘタリがとても激しく、座面部分が潰れてしまっています。

ファブリックの方も長い年数使用されてきたであろうものをとても感じます^^

 

生地が既に破れてしまって、シミや汚れも見受けられるので、ここは張り替え修理で奇麗な状態にもどしていきたいと思います。

 

IMG_4482

 

この状態で座っているのも、お尻もいたそうでなかなかきついのかと(;^_^

見た目も良くないですしね(;’∀’)

 

IMG_4483

 

クッションの厚みはそこそこあるので、ウレタンクッションを交換してあげれば座り心地はかなり直るのではないかと思います。

 

IMG_4484 (1)

 

鏡面仕上げの木部は奇麗な状態で、周りの物が映し出されるくらいです。

 

IMG_4486 (1)

 

スツールの座面部分はこの様に蓋が開き、収納スペースもあり使い勝手がよさそうです♬

 

IMG_4615

 

引き取ってきたスツールの座面部分を本体から外し、まずは生地を剥がしてウレタンクッションの交換です。

 

IMG_4616

 

予想通りに、中のウレタンクッションはこのように劣化が激しいので、完全に交換での対応ですね^^

今回の椅子の使用としては、木板にウレタンクッションが貼られているという物なので、ベルトやスプリングなどのバネは無く、一度木板より剥がしたウレタンクッションを廃棄し、新しいウレタンクッションを同サイズで作成し、再度木板に貼っていくという作業になります。

 

IMG_4627

 

新しいウレタンクッションが完成し、ここに張り替えに選んで頂いたファブリックを張っていきます。

 

IMG_4805

 

新しい生地はピンクの起毛生地。

手触りも良く、発色が奇麗です♬

ドレッサーも少し華やかになりましたね^^

 

IMG_4807

 

椅子の木部との色の相性も悪くなく、座り心地も今までとは格段に変わったので、張り替えたことで毎朝毎晩のお化粧する時の気分も良くなっていただけると幸いです^^

 

 

IMG_4806

IMG_4484

 

椅子やソファーは色々な場面や場所で使われているかと思いますが、ダイニングチェアから大型ソファー

店舗のソファーやオーダー制作まで、椅子やソファーの張り替えや制作はファニチャーリペアテーブルまでお声掛け下さい★★★

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP