お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

ドレクセルヘリテイジ DREXEL HERITAGE ハイバックチェアの張り替えと木部修理

こんにちは☆  本日はアメリカンファニチャーブランド、ドレクセルヘリテイジDREXEL HERITAGEの椅子の張替え事例をご紹介させて頂きたいと思います。

オーナー様は今回、ご自宅のリフォームをされるという事で、それに伴い椅子の座面生地の雰囲気もお部屋に合うものにしたいというのが、第一優先でした。

ですので、大事だったのは椅子に張り込む生地の色と質感。

張り替え後の椅子の雰囲気とお部屋のイメージ、そしてどの様な目的で椅子を使っていくのかなど、色々とお話を伺いながら、ご提案もさせて頂きました♬

イメージ創りはやはり楽しいですね^^

そして肝心の椅子はといいますと、永い間あいようされていたドレクセルの椅子ですが、ペットも飼っているなどの環境で、痛みもそこそこに出ていました。

張替え前の椅子はこちらになります。

IMG_3610

 

椅子は全てで4脚。  生地の破れやウレタンクッションの綻び、木部の劣化など痛みは結構激しい状態です(;’∀’)

 

IMG_3611

 

張ってある椅子生地もシミや破れなどが激しいです。

IMG_7359

 

このあたりはワンちゃんが噛み噛み。。 のようです^^

木が欠けてしまっています。

IMG_7353

 

脚のこの部分なんかも結構凄い状態になっています。

さてどの様に修理しましょうか。。 と修理前には自分の引き出しの中からと、オーナーさんの要望とのバランスなどを合わせてよく考えないと、方法一つで仕上がりや料金も結構変わってきますからね^^

 

IMG_7352

 

木部好きですね、ワンちゃん🐕🐕🐕

それではまずは持ち帰らせて頂いた椅子をバラシて、座面に関しては生地の張り替えとクッションの交換です。

IMG_8661

 

座面を椅子のフレームから外すと、この様な状態です。

中のウレタンクッションもかなり硬化し、触るだけでポロポロと崩れ落ちてしまうような状態ですね。

これは全てクッションを剥がして。。 ですね。

 

IMG_8659

クッション剥がすとこの様な感じになっているので、新しいウレタンクッションを張り直します。

 

IMG_8660

 

外見も大事ですが、本来の座る役割があるので、中のクッションンの仕上げもとても大事です。

 

IMG_8658

 

今回オーナーさんに選んで頂いた生地は、濃い赤の起毛生地。 モケット生地ですね♬

張替え前に比べて高貴でアンティークな雰囲気が少し出そうですね^^

この手の生地のメンテナンスが柔らかめのブラシでチョイチョイっと、偶にはいてあげると良いかと思います。

 

IMG_8657

 

裁断した生地を縫製し、玉縁も出来上がり、これを先ほどウレタン交換した座面の板に張り込んでいきます。

 

IMG_3827

IMG_3837

 

先程あった欠けてしまった木部のフレーム部分も、少しずづ時間を掛けてパテで埋めながら修正していきます。

平らにな~れと。

 

IMG_3835

 

IMG_4210

 

そして背凭れは籐張りの仕様だったのですが、こちらも部分的にところどころ虫食いの様に籐が破れてしまったり抜けてしまったりとしていたので、背凭れの籐も全て張替えです。

IMG_8656

こちらは、フレーム全体を塗装しますがその下準備。

今回の椅子、なんだかんだでフルリフォームですね☆

 

 

IMG_4674

IMG_4664

IMG_4665

そして椅子全て張替えと修理が完成しました★★★

椅子の雰囲気も生地を張り替えてガラッと変わりましたね。

 

今回はお部屋全体が少し落ち着いた茶色のイメージの中に、差し色として、座面のこの赤い生地をチョイスされました。

椅子の赤がワンポイントで映えていい感じになる事を期待しています^^

 

椅子やソファの修理や張替えでお困りの際には、ファニチャーリペアテーブルまでお声がください。

 

 

 
最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP