お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

ボーコンセプト(Bo Concept)のカウチソファ 革の剥がれと傷 塗装修理

おはようございます☼ 本日もこちらのブログからソファの施工事例をお届けさせて頂ければと思います💺

本日ご紹介させて頂くのは、デンマークの家具ブランド「ボーコンセプト」のソファの修理事例になります。

ソファや椅子の他、テーブルや収納棚、ベッドやラグなど小物も含めて取り扱いのある高級家具ブランドです^^

今回お預かりさせていただいた、そのボーコンセプトのソファは大型のカウチタイプのレザーソファ。

修理を進めさせて頂いたソファがこちらになります。

image1

白い大きなカウチソファ、今回はこちらの座面のマット部分の革が劣化しているという事でご相談を頂きました。

マットはソファ本体から取り外しが出来るタイプで、他の背凭れや本体などは良いのだけれど座面のマット部分の革が擦れて傷んでしまったという事です。

image0

 

御覧の通り、座面のクッションの革表面が擦れて色も剥げてきてしまっています。

この状態ではソファを使っていて気になってしまうでしょうし、放っておくと更に劣化していきそのうち革が破れてしますかも知れませんね(;^_^

今回はこちらの座面のクッション部分を持ち帰らせて頂いて、修理を進めさせて頂きました。

 

今回は塗装修理にてこちらの座面のクッションを修理させて頂く事となりましたが、まずは今まで革の表面に溜まった汚れや余分な油分などを除去していく作業が必要です。

 

IMG_9667

 

お写真を見て頂いてお分かりになるかと思いますが、洗浄をした後の色が右側、洗浄する前の状態が左側です。

全然色が違いますね^^

ソファや椅子の生地を使い込んでいくと、このくらい黒ずみや汚れも溜まっているという事ですね(;^_^

革は特に細かいシボがありますので、そのシボの中に入った汚れや黒ずみなどが蓄積します。

 

そして全体の洗浄が終わると、傷や剥がれ部分が無くなるように塗装修理を進めていきます。

一度に多くの塗料を塗布するのではなく、薄く何度も吹き付けていき、乾燥や研磨を繰り返し徐々に奇麗な状態に仕上げてきます。

IMG_9687

 

なかなかの状態なので、根気よく作業を進めていく必要がありそうです(´∀`)

IMG_9722

 

徐々に傷や剥がれも修正されていきましたが、まだ仕上がりには遠いので作業を続けていきます。

IMG_9739

 

徐々に革の剥がれや傷も無くなってきて、色も大凡仕上がってきたのでもう少しで完成という状態です。

これから乾燥期間を数日設けて仕上げのコーティングなどに移っていきます。

 

完成後の写真などは、後日またこちらのブログにUPさせて頂きますのでご興味ある方は是非チェックしてみてください♫

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP