お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

レザーワールド(Leather world)/HTL International社 本革ソファ 張り替え修理

こんにちは☼ 本日のソファの張り替え施工事例になります。

【ソファブランド】HTL International社・レザーワールド/leather world   【張り替え修理箇所】ソファの座面部分張り替え

【仕様素材】スムースレザー 【ご依頼地域】茨城県鹿嶋市

今回ご相談頂いたのは、レザーワールドの革ソファが傷んでしまったという事でお問合せ頂きました。

カウチタイプのソファでしたが長手の座面部分が特に大きく破れてしまっていたりして、劣化がひどく座面だけでもいいので張り替えたいというご希望です。

張り替え前のソファの状態ですが、こちらのお写真をご覧頂ければと思います。

IMG_2208

 

御覧のとおりソファの座るところは2面とも大きく破れてしまって、中綿が見えてしまっています。

ここまで革がやぶれてしまうと張り替えるほか修理方法は無いので、オーナー様のご希望に沿って座面の革を張り替えていきたいと思います。

IMG_2209

レザーワールドは自社で皮革製造も行っているという事を聞きましたが、革の質は元々良いものであったのであろうことが伺えました。

革の質感っていいですよね、布であれば優しい雰囲気を出す事が出来たりいろいろな柄や色をチョイスできるので、デザイン性が高く好みの雰囲気が出し易かったりすると思いますし、合皮であれば素材自体を安価なものが選べたり、飲みこぼしの汚れなどもサッと拭き取れたりメンテナンス性の高さがメリットだったりと革以外の素材にも良いところが多くありますが、本革の魅力はやはり重厚感や高級感ではないでしょうか。

カウチタイプの大きな革張りのソファがリビングにあると、それだけで部屋の主役にもなる家具なのかと思います^^

IMG_2210

こちらも今回張り替えるソファの向かって右側の座面になります。

同じように革が既に破れてしまっていますので、座面全体を張り替えていきたいと思います。

クッションに関しましてもウレタンがヘタってしまっているので、そのあたりも修正して新しい革でパリッと奇麗に仕上げていけると良いかと思います♬

張り替える新しい革をチョイスして、古い生地をソファから一度剥がして、張り替える部分の型取りを行い、そしてパーツの縫製後に再度新しい革をクッションを直した本体に張り込みます。

IMG_2819

 

そして張り替えが完了したソファがこちらになります。

部分的な張り替えをする場合に、気になるのが色味ですが張り替えていない箇所との違和感も少なく、良い感じに仕上がったのではないでしょうか☆

IMG_2820

 

張り替え前にはボロボロだったソファの座面も張り替えとクッションの修理で、張りも戻り奇麗な状態になったかと思います。

背凭れや肘掛も含めてソファ全体を張り替えるよりは座面だけを張り替える方が、安く施工が可能です。

ソファの形状やデザインにより部分的に張替えが出来ないものもありますが、それぞれのシチュエーションなどに合わせて、全体張り替えや部分張り替えなどで傷んでしまったソファや椅子の張替えを考えてみては以下かでしょうか。

ソファや椅子の張替えや修理など、お困りの際にはお気軽にご相談頂けると嬉しいです💺

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP