お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

こんばんは☆ 今日は本革生地の海外製ソファーを張替え修理いたしましたので、そちらの修理事例をご紹介させて頂きます。

ソファーの主に傷んでいる箇所は、座面部分。

本革生地は布や合皮に比べて、素材が高価なので張替え修理をする際も比較的値段が高めになりがち。。

ですので、今回はできるだけ張替えの必要のない部分は張り替えずに綺麗な状態に仕上させて頂きました。

修理する前のソファーの様子はこちらになります。

ナツッジソファー修理前

使用10年弱という事でしたが、ご自宅の環境や使用方法などで同じソファーを同じ年数使用していても劣化の程度にはやはり差が出て来るようです^^

ナツッジのこのタイプのソファーも幾つか張替えなど、修理をさせて頂いたこともありますが10年使用して全て張替え無ければいけないほどの状態のソファーもありました^^

今回のこちらのソファーの修理メイン箇所は座面のこちらになります。

IMG_5154

座面の手前側の部分、こちらが革のシワに沿って溝が出来てこのまま症状が進行するとひび割れや破れに進んでしまうパターンではないでしょうか。。

こちらの座面を今回は3つとも張替えました。

その後革の型どり・裁断・縫製と完了し、生地をソファーに張り込んで完成です。

部分的なパーツを張替えたとき、懸念されるのが張替えない部分との色が変わってしまわないか。。

そのようなお問い合わせを頂きますが、当社ではそのような状態にはならないように周りに合わせて染色塗装を施して、違和感の内容に仕上げが可能です。

ご納品時のソファーの状態です。

IMG_5573

全体的に色の違和感も無く、座面も綺麗な状態に戻りました^^

IMG_5574

修理前にあった座面のシワや割れなどもスッキリなくなりました。

クッションが潰れてしまい、座面の真ん中が凹んでしまっているのも気になりましたので、そちらも合わせて修正致しました。

ソファーや椅子は修理によって綺麗な状態に戻すことが出来ますので、椅子やソファーのお困りごとはファニチャーリペアテーブルまでお声掛けください。

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP