お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

おはようございます♬ 今日も椅子の修理事例をご紹介していきたいと思います^^

椅子は富士ファニチャーのパーソナルチェア、白いレザーが傷んでしまっているのと、ウレタンクッションも真ん中に窪みが出来てしまい、そちらがオーナー様のお悩みとのことでした。

では早速修理する前の椅子のお写真がこちらになります。

富士ファニチャ椅子

こちらの椅子にどのような痛みがお分かりになりますか?

一見特に何もなく普通に使っていけるようにも見えますが、よく見ると革のシワに沿っての表面塗装の剥がれや傷のようなものが幾つかあります。

そしてクッションが購入当時よりもヘタリ傾向に。。。

IMG_5741

近くに寄ると結構傷んでいますね^^

生地の黒ずみや傷や剥がれ、そしてウレタンクッション、特に座面のクッションのヘタリが気になります。

ウレタンクッションは新品のソファーや椅子の購入時、座って少し期間が経った状態が座られている方々の体の形状に馴染んでいい状態だと言われますが、それでもやはり何年もの時間が経ってくるとヘタリという状態になるのは否めません。

そのようになってしまった場合には、基本的には交換や補充が出来ますが、希に交換が出来ないようなものもありますがその場合は、足し増しで補充などの対応になります。

このウレタンクッションは交換できるの?できないの?

などのご質問からでもお気軽にお問い合わせ下さいね^^

では本題にもどり、今回の椅子の修理ですが、革の表面は塗装での修理、ウレタンクッションは交換修理を行いました。

修理後の椅子のお写真がこちらになります。

IMG_0106

IMG_0107

革も綺麗な状態に戻り、なんだか雰囲気的に椅子全体が明るくなりましたね!

椅子も明るくなったので、お部屋も明るくなった気がします^^

革素材の他、布や合皮など張替え修理のお問い合わせはお気軽にどうぞ★

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP