お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

Hancock&Moore(ハンコックアンドムーア) 本革張りソファー修理

こんにちは^^ 今日はアメリカの家具メーカー、ハンコックアンドムーアのダイアモンドタフティングソファーの修理事例をご紹介させて頂きます♬

こちら伝統のあるアメリカの家具ブランドで、オバマ大統領も使っていておよそ40年前にジミームーアさんという職人さんから受け継がれているものなんですって^^

みるとクラシカルで素敵なソファーばかりです。

今回お預かりさせて頂いたのは、1人掛けのスツール付きの鋲打ちされたソファー。

こちらになります。

IMG_0558

IMG_0560

 

元々、良い革だったと思いますが高価な革ほど繊細で色抜けしやすかったりというところもありますから、年数が経過して全体的に退色や変色が進んでいました。

オーナーさんの一番の気になるところは退色やシミなどという事で、今回それを解消するため塗装修理を行いました。

現状はアニリンレザーの為、色抜けやシミ、そして傷などにも多少弱い面もありますが、塗料の種類を変更し今後出来るだけ紫外線や傷などにも強く、今後同じような現象が起きにくくなるような仕上げにしていきたいと思います。

オーナー様のご自宅より搬出し、工房まで運ばせて頂きました。

そして工房にて、ソファーを一度洗浄後に塗装開始です。

洗浄した後は。。。。

 

IMG_0910

こちら塗装前のマスキング作業です。

車や建物の塗装前にも行う下準備と同じで、ソファーや椅子も塗装前に塗料がついてはいけない箇所はマスキング作業を行います。

ですが、鋲打ちの場合はこの数^^

なんか、鋲の色が変わって違うソファーみたいです。

こんな色の鋲が打たれているソファーだったら、斬新かも^^

そして塗装作業~コーティング~乾燥まで完了し、無事納品させて頂きました。

納品時のお写真がこちらになります。

IMG_1649

IMG_1647

IMG_1648

シミや変色もしっかり解消されました♬

本革のソファーや椅子は張替え修理の他に、革の状態によっては塗装修理という選択も出来、費用の面でも安価に済む場合もあります。

革ソファーや椅子の痛みや劣化でお困りの際には、お気軽にご相談ください。

ご相談やご依頼はお電話又はメールにて承っております。

お電話☎ 03-6869-4017

メール✉ contact@tableinc.net

メールの場合は、ソファーや椅子のお写真を数枚添付していただくとお見積りをお返しさせて頂けます♬

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP