お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

himolla(ヒモラ)カッセル 革ソファーの修理

こんばんは☆  今日はドイツのソファーメーカー「ヒモラ」の2シーターソファーの修理事例をご紹介させて頂きます。

修理をさせて頂いたソファーは「カッセル」という総革張りのモデル、大塚家具にて取り扱いがあるようですね。

 

お預かりさせて頂いたのはこちらのソファー♫

 

IMG_3798

 

鮮やかなオレンジ色だったであろう、こちらのソファー。

 

今回は座面部分の革に痛みがあり、ご自身で少し手入れをしてみたとのことでした。

 

IMG_3797

 

この様にソファーの座面が少し変色している部分がありますが、ここは以前に補修を掛けた場所の様です。

 

himora

 

座面の革をアップで写すとこの様に革生地が剥がれてしまっている部分などもあります。

 

塗装修理で何とか修理出来そうな範囲であり、オーナー様も費用をあまりかけたくはないという事で、塗装でのメンテナンスをさせて頂くことになりました。

 

IMG_3794

 

この画像、なんだかお分かりになりますか^^

そう、塗装を行う前には一度革を洗浄するのですが、洗浄を掛けてふき取りをしてみるとこのくらいの汚れが溜まっていました(;’∀’)

 

この様にしてみると、革や布生地などの生地を選ばず、ソファーや椅子の座面は特に汚れの蓄積が激しい事がわかります。

定期的にメンテナンスをしてあげると、汚れの具合も違うと思うので、出来る限り奇麗に使っていきたいものですね^^

ソファーや椅子の生地をクリーニングしてあげるだけでも、かなり違うのかと思います★

 

IMG_3792

 

クリーニング後に、一度アーム部分のパーツも外し、塗装の準備を行います。

準備後に塗装を開始し、仕上げ前の塗装が完了しました。

 

IMG_3782

 

まだ少し、面に粗さが残るので、これから細かな部分を仕上げていきますが色のくすみや革の剥がれなども解消されてきました。

 

革ソファーはメンテナンスをしてあげながら使っていくと、寿命も変わってくる素材です。

顔料仕上げの革であれば普段は乾拭きをしてあげて、数カ月に1度、年に一度でも構わないと思うので定期的にメンテナンスをする事をお勧め致します。

 

ソファーや椅子の張り替えや修理など、メンテナンスの対応まで、お困りの際にはファニチャーリペアテーブルまでお声掛け下さい。

 

それでは良い週末を♫♫

 

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP