お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

カッシーナのカバーリングソファー 生地の張り替えとクッション交換

こんばんは🌙 今日もぽかぽか陽気の関東圏内、気持ちのいい日差しでした♬ 先日お預かりさせて頂いたカッシ

ーナのソファーセットが張り替え完了し、ご納品させて頂きましたのでそちらの事例を本日はご紹介させて頂きたいと思います★

 

設置されていたのは某美容室のお客様のウェイティングルーム。

こちらのソファーでした。

 

IMG_4112

 

横幅1900㎜程の2シーター、3人掛けのソファーはカバーリングタイプの張り生地で、クッションはフカフカ

のフェザークッションでしたよ♪

しかし、そのクッションも経年でペッタンコとは言わないまでも、かなりのヘタリ具合を感じさせていて生地の張り替えを機に、クッションも交換となりました。

 

座面のクッションはウレタンとフェザーの混合タイプ。

こちらは、座るところなので今後はもう少し硬めの仕様にしてほしいという事でした⤴

 

IMG_4111

 

こちらはセットで設置されているパーソナルソファーです。

こちらも生地の張替えに加えて、気になる座面のクッションの前垂れも修正して欲しいという事でした♬

 

IMG_4365

 

クッションの前垂れとは、この赤丸部分です。

クッションを置くソファー土台のフレームよりも、クッションの長さの方が少し前に突起するのですがその部分がどうしても使っているうちに垂れてきてしまうのです(;^_^

 

IMG_4102

 

搬出させて頂いたソファーは工場にて、まずは分解作業👷

そして生地の採寸などを行い、パターンの作成です♫

IMG_4103

 

IMG_4101 (1)

 

ボルトで留まっているアームのパーツも分解し、ウレタンクッションも剥がして、クッションのベースとなるウェービングベルトも交換しました。

折角クッションを交換するので、クッション性を下で支えているバネの部分、ウェービングベルトも交換してあげないと、効果半減ですから(;^_^

 

IMG_4108

 

選んで頂いた生地は人口起毛のサンゲツさんの生地です。

グレーもそうですが、どんなスタイルにも比較的オールマイティーなネイビーへ色の変更です^^

IMG_4106

 

パターンに合わせて生地の裁断です★

 

IMG_4105

 

結構な生地の山。。。

生地の目に合わせながら裁断も奇麗にすると、縫製も正確にあがるのです♫

IMG_4104

 

だんだん仕上がってきたカバー類、このあたりからソファーの仕上がりのイメージがどんどん湧いてくるのです

^^

 

IMG_4097

 

生地もどんどん張り上がってきて、ここまでくるとだんだんいい感じになってきてます^^

 

IMG_4096

IMG_4095

 

交換するクッションは、アームや背凭れ、そして座面のフェザーやウレタンのパックになります。

IMG_4094

 

縫製したクッションカバーを詰めて、置きクッションはこれで完成、あとはソファー本体のフレーム部分を張り上げて全て完成です♫♫

ソファーの張り替えは製品も大きく、型紙の作成から生地の裁断や縫製、そして張り込みと細かな神経をとても使い、仕上がるまでの時間や手間も掛かりますが、やはり仕上がっていく過程や、仕上がった時の達成感などはとても満足感というか達成感というか、充実した気持ちにもなるので楽しいです☆彡

 

IMG_4066

 

IMG_4070

IMG_4071

IMG_4073

 

グレーからネイビーへと色も変わって、ソファーの印象もだいぶ変わりましたね!

無事納品も完了させて頂いて、何度も通われている常連のお客様からの印象も変わったのではないでしょうか。

店舗やご家庭、又は病院やオフィスなど、ソファーや椅子の張り替え修理や、木部の補修や塗装など。

椅子やソファーのお困りごとはファニチャーリペアテーブルまでお声掛け下さい((´∀`))

 

 

 

 

 

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP