お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

革を張替えずに椅子を修理 カッシーナのキャブチェアのリペア

海外には名だたるソファや椅子ブランドが数あれど、イタリアのカッシーナの突出した知名度は万人が認めるところです。

家具にそれほど詳しくない人でも、その名を耳にしたことがある人はとても多いと思います。

 

今回修理のご依頼をいただいたのは、そのカッシーナのレザーチェアの中でも人気のシリーズ「412 CAB」。

https://www.cassina-ixc.jp/shop/g/g412cab/

 

1977年に世に出て以来、ロングセラーを続けるだけではなく、数々のメディアからも絶賛されているカッシーナの傑作といってよいでしょう。

 

お客様からご依頼いただいたこの椅子は、革の擦れ傷や剥がれがありました

 

IMG_0811

IMG_0810

こちらが、その椅子です。

 

パッと見ても、「これで修理の必要があり?」と思われるかもしれませんが

しかし、革に大きな傷や破れなどはありませんでしたが、色落ちや脚のエッジ部分などに擦れなどがあり、また、よくよく見ると小さな擦り傷などもいくつか認められました。

 

お客様のご要望も、色落ちしてしまったこのレザーをなんとかしてほしいというものでした。

IMG_0812

一見したところきれいな茶色ですが、本来は暗褐色のレザーでした。

 

というわけで、椅子の修理といえば圧倒的に多い座面やレザーの張替えは、今回は無縁です。

レザーの色を取り戻すために、全体の再塗装で対応することになりました。

 

修理後の姿です。くりかえしますが、革の張替えは一切行わず、再塗装のみで対応したけっかが、これです!

IMG_1381

 

本体は、「タバッコ」と呼ばれる焦げ茶色だったのですが、その色が戻りつややかさも取り戻すことができました。

IMG_1383

カッシーナのモダンを実感できる美しいラインですね。

IMG_1382

レザーの贅沢感とデザインのさりげなさ、再塗装によってよみがえりました。

IMG_1384

もういちど、修理前の椅子の様子をご覧ください。修理後と比べると、やはり色がさえないことがお分かりいただけたと思います。

 

IMG_0810

再塗装後の姿も再び。

IMG_1385

というわけで、椅子の修理とはなにも生地の張替えばかりではないのです。

 

修理するわれわれとしても、このようにマメにお手入れをさせていただくことは、椅子やソファの寿命を長くすることにもつながりますから、非常に喜ばしいことだと思っています。

張替え修理と比べると、再塗装の修理は金額的にもメリットがあります。

以前の革の色と比べると少し色落ちしてきた、日焼けしてきたなど、特に破れなどがない場合もご相談いただければと思います。

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP