お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

革に拘るソファブランド「ハンコック&ムーア」 張り替えずに塗装メンテナンス

 

アメリカの家具ブランドの中でも、椅子やソファなど座る家具に特化してこだわりのある製品を作り続けているのがハンコック&ムーアです。

今回の修理事例は、このハンコック&ムーア製のソファ。

ソファに使われている皮革の豪華さは、アメリカの富裕層をも虜にする魅力があります。

 

今回の修理ですが、ソファに破れはないものの乾燥などによるひび割れや退色などが目立つため、塗装による修理をさせて頂きました。

お客様が所有されているソファは、3人掛けと1人掛けのソファが各1体づつ

IMG_2785

IMG_2788

 

体が触れない部分の革は、まだつやつやしていますが、ご家族の方が座る定位置の部分の座面、そしてアームのところなどに擦れ傷が目立ちます。

 

 

3人掛けソファの一部分です。

 

IMG_2787

 

本革特有の劣化症状ですが、この様な状態に困っている方も多いのではないでしょうか。

 

こちら肘掛けの部分です。

 

IMG_2789

 

革の表面がひび割れの様になってしまっています。

 

本来の革の色がわからないほど擦れてしまっていますが、塗装メンテナンスで状態を良くしていきたいと思います。

 

 

ソファを解体して塗装修理開始です。

まずは下処理を進めていきます。

IMG_2793

 

肌理が目立たなくなり、革のつやも徐々に戻ってきました。

IMG_2792

 

IMG_2799

 

 

まずは1人掛けの椅子、修理後です。

IMG_2859

 

IMG_2825

 

 

3人掛けのソファ、こちらも以前の色落ちや傷などが修正されました。

 

IMG_2853

 

IMG_2855

 

とくに擦れがひどかった部分もこんなふうに復活!つややかです。

 

ご自宅に戻った時の様子です。古き良きアメリカを感じさせるこの風格、修理後には威厳さえ取り戻しています。

 

IMG_2864

 

ソファカバーの劣化には、いくつかの修理方法があります。

張り替えてしまうこと。これは、ファブリックの生地でも革でも変わりません。輸入の家具でも、問題なく行える修理法です。

ただし、ソファ全体で張り替えるとそれなりのコストがかかってきます。

また、革のソファの場合はとくに顕著ですが、擦れて劣化している部分とそうでない部分の差が激しく、全体の張替えをするにはもったいないということも起こり得ます。

そこで、コスト面でもメリットがある塗装修理という方法があるのです。

 

もちろんすべての革の状態に対応できる方法ではないので、劣化しすぎている場合などは張り替えしか出来ない場合もありますが革の劣化がひどくて張替えが必要かなと心配な方も、まずはご相談ください。

出来る限りお客様にとってもソファにとっても良い修理方法を選択できればと思います。

ソファや椅子の張替えや修理の事は、ファニチャーリペアテーブルまでお気軽にご相談ください。

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP