お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

日々の修理現場から、家具修理のエトセトラを、お届けしています 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

こんにちは、ただいま椅子を張替え中です^^ 椅子を張替える時に必ずあるといっていい工程が、生地の交換前に古い生地をまず椅子から剥がすという作業があるのですが、これがなかなか手間も掛かる仕事ではありますが、椅子を綺麗に蘇らせるためにはないがしろに出来ない作業なんです。

集中して手早く! ですね。

そして今日その作業をしている椅子はこちらです。

椅子

こちらのソファータイプの1人がけ用の椅子です、「安楽椅子」などとも呼ばれる椅子ですね。

こちらは某大使館からご連絡を頂きお預かりしたもので、大使がご自宅で使用されている椅子になり、木部のフレーム部分は塗装の剥がれや欠けなど目立ちますが、生地は新しいものに張替えていきます。

椅子やソファーの生地は殆どの場合、生地はステープルというホチキスの針の様なものでフレームに留められていますので、そのステープルを抜いて行くことで生地が本体から剥がれていきます。

椅子張替え前

例えばこのように、針が浮いてきているのが分かるかと思いますが、これは生地を留めるために打ち込んであったステープルを一つ一つ抜いていった写真になります。

何度も繰り返しこの作業をしていると、指と手首の筋肉が付くのがメリットです。

IMG_4043

そして椅子の周りのステープルを全て抜くと、このように元々張ってあった生地が綺麗に取れるんですけど、木枠の周りなんかは木に布をあてながら抜いていかないと、木を痛めてしまったりするので、注意が必要なんです。

あと数脚残っているので、同じように剥がし剥がし。。 張替え後の写真もお楽しみに^^

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP