お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

椅子のカバー張り替えとウレタンクッションの交換

こんにちは♪ 本日も椅子の張替えについてブログ記事を書かせて頂きました。

ソファや椅子のカバーが汚れたので交換したい、クッションが沈んでしまったので直したい。。

などのお悩みをお持ちの方に、この記事が少しでも参考になればと思います^^

 

今日のご紹介する家具は、1人掛けの椅子になります。

オーナー様は椅子のデザインや木の感じが気に入っていて使っていたようなのですが、長時間椅子を放置してしまったことで、椅子のカバーとなる生地に染みが沢山出来てしまったので、もう一度何とか使えないかという事でお問合せを頂きました☆

 

そのお気に入りの椅子の張替え前の状態がこちらになります。

 

IMG_6299

 

見てすぐに分かりますね(;^_^

本来はこの染み跡がついてしまっている生地の上に椅子のカバーリング生地が張ってあったようです。

そのカバーを剥がしてみたところ、この様に染み跡が沢山ついてしまっていたという事です。

この状態では張り替えをするより仕方ないですね(-_-;)

 

IMG_6300

IMG_6302

 

カバーに染みはありますが、オーナー様も気に入っているというこのフォルム。

生地が奇麗になれって、クッション部分も修理すれば又しっかりと使って頂けると思いますので、張り替えを進めさせて頂きました♬

 

IMG_6333

 

工房に持ち帰らせて頂いた椅子のカバーをまずは剥がして中を確認作業です。

カバーを剥がすと中のクッションはこの様な状態で、ウレタンクッションがダメになってしまっていました。

 

座面の真ん中の部分も見ての通り凹んでしまっています。

 

IMG_6335

 

ウレタンクッションを剥がすと更にこの様なベルトが見えてきます。

この手のタイプの椅子はクッション性を保つためには、ウレタンクッションもそうですが、このウェービングベルトが果たす役割の方が大きいかと思います。

ここまで弛んでしまっていては、ベルトはもはや機能していないですね(;^_^

このベルトとウレタンクッションは併せて交換対応しました。

 

IMG_6336

 

IMG_6352

 

ベルトも新しいものに張り直して、ウレタンクッションも交換してクッション性をまず戻して、生地を張る下地となる形状を整えます。

IMG_6363

IMG_6364

IMG_6365

 

新しい生地もしっかりと張り込んで、これでまたお気に入りの椅子を使って頂けます^^

ご自身にとって張り替えや修理をする価値のあるソファや椅子であれば、この様なメンテナンスによってまた蘇らせることも可能です。

椅子やソファやテーブルや棚など、家具の修理でお困りの際にはお気軽にご相談ください☆

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP