お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

MARUNI木工の本革ソファ 革の塗装修理でメンテナンス

こんばんは☆ 皆様すでに大型連休をお楽しみでしょうか^^ ファニチャーリペアテーブルでは本日もソファや椅子の張替え作業を行っておりますので、ソファや椅子の修理などでお悩みの方は、お気軽にお問合せお待ちしております!

さて、今日ご紹介させて頂くソファの修理事例は「マルニ木工」の本革生地のソファになります。

ソファや椅子のデザインもひと昔と比べるとかなり変わってきた部分もあるのではないでしょうか^^

変わらずに愛されているデザインもあるかと思いますが、モダンなデザインのソファや椅子も登場していますよね!

今日ご紹介させて頂くのは、数十年前のモデルになるのでしょうか。

マルニのツーシーターの革ソファになります💺

早速修理前のお写真をご覧ください♫

 

IMG_6402

こちらになります。

革素材特有の劣化ですね(-_-;)

 

座面の手前側の革が擦れてしまってカサカサになってしまっているのが分かるかと思います。

革の色も剥げてしまっていて、これではとても奇麗な状態とは言えないですね(;^ω^)

リビングに配置する事の多いソファはやはり人目にも付きやすいので、出来るだけメンテナンスを加えてあげて奇麗な状態にしておきたいものですよね★

 

IMG_6404

 

向かって左側のシートに良く座っているのですね^^

ソファの左側の革だけが極端に擦れてしまっています。

もう少しUPで見てみましょう。

IMG_6403

 

ソファの中でも左側の座面以外の部分は比較的奇麗です。

この部分だけが特段に傷んでしまっていますね。。

ソファの修理のご依頼をいただいた後は、早速ソファを運び出しさせて頂いて修理を進めさせて頂きました。

まずはソファに今まで溜まってしまった汚れや油分を奇麗にクリーンアップしてから、皮革用の塗料を使いながら傷などを修正し、その後に塗装を重ねていきます。

塗装修理が出来る状態の革とそうでない場合がもちろんありますが、修理後はこの様に奇麗にメンテナンス出来ました((´∀`)

 

 

IMG_6974

IMG_6978

 

修理前には色も剥げてしまっていたソファの革ですが、修理後はこの様にリカバリーされてメンテナンス完了です。

革素材に関わらず、椅子やソファの張り生地が一度ダメになってしまったら、ソファや椅子自体が使えないわけではありません。

張り替えや修理によってメンテナンスを施してあげる事で再生が出来ますので、ソファや椅子、又はテーブルなどの家具の劣化でお困りの際には、家具の修理店などに一度ご相談してみては如何でしょうか☆

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP