お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

ボタン締めのファブリックソファ 合皮へ張替え修理

こんばんは☆ ソファや椅子の生地の汚れやしつこい染み、何をやっても取れないときは廃棄するしかないとお考えではないですか?^^

ソファや椅子の生地が傷んでしまった、いくら拭いても取れない、そして破れてしまったなどの劣化があるときは

廃棄前に張替え修理という選択肢もありますので、是非ご検討頂ければと思います♪

ウレタンクッションがヘタってしまって、買った時とはソファの座り心地が変わってしまった。

などのお悩みも解消出来ますのでご興味ある方は、こちらのブログ記事で修理や張替え事例をご紹介しておりますので、ご参考になれば幸いです★

今日はその事例の一つとして、布張りのソファカバーが汚れやカビなどで傷んでしまい張替え修理をさせて頂いた事例をご紹介させて頂きます。

早速ですが、張り替えの為にお預かりさせて頂いたソファはこちらになります。

張り替え前の状態からご覧ください。

 

IMG_7466

 

倉庫かどこかに長い間しまっていたのでしょうか。

爽やかなオレンジ色のファブリックカバーに汚れやカビの様なものが出来てしまって、ゆったりと座って寛げる状態ではなくなってしまっています(;^_^

 

IMG_7464

 

明るい所で見ても、所々に黒ずみのようなものがまばらにあります。

オレンジ色の生地に、赤のパイピング、個性的で部屋に一つあると映えそうなソファです。

 

IMG_7465

 

これはもう拭き取ったりという状態ではなさそうです(‘◇’)

 

こちらのソファはカバーの生地全部の張替えが必要ですので、まずは引き取りさせて頂き、工房で張替え作業を進めさせて頂きました。

そして今回選んで頂いた生地はサンゲツの合皮生地。

合皮生地の方がメンテナンスも布に比べて比較的しやすかったりという一面もあるので、今後は同じような状態にならない様にとの意図で選んで頂いたのかもしれませんね^^

 

IMG_7734

 

早速、新しい合皮生地に型出ししたパターンを合わせて裁断してきました。

張り替える生地はシックな黒。

イントレチャートを細かに再現した生地です。

布に比べて飲みこぼしなどのメンテナンスが楽になるかもしれませんね^^

 

IMG_7735

 

本革と違って、合皮は欲しい長さ分だけ取れますが、一定の長さを超えてしまうとシワが出来易くなったりと、先に影響してしまうので、その辺りは考慮しなければいけませんね。

IMG_7736

玉縁も完成です。

 

IMG_7747

 

カットした生地と生地を縫製し、ある程度の段階までカバーが出来上がってきました。

このあたりまでくると仕上がりもイメージしやすくなってきます^^

そして張替えが完成したソファがこちらになります♪

 

IMG_7897

 

イメージがガラッと変わって、シックなソファになりました。

張り替え前のカジュアルなイメージとは一転しましたね^^

もう一度張替え前の写真をどうぞ。

IMG_7466

IMG_7896

 

いい感じに仕上がったので、部屋の雰囲気もこれで変わるのではないでしょうか(´∀`*)

 

ソファや椅子はこの様に張替え修理によって、生まれ変わらせたりすることが可能です。

経年でカバーが劣化してしまった。

イメージチェンジをしたい。

思い出の椅子やソファをこれからも永く使っていきたい。

などなど、お客様によって理由は様々ですが廃棄するという選択肢の他に、この様な施工も出来る事を知って頂ければ幸いです^^

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP