お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

イタリアのナツッジ(NATUZZI)本革ソファの張り替え修理

こんにちは♪ 本日もこちらのブログからソファの張り替え事例をお届けさせて頂きたいと思います。

弊社では椅子やソファの生地の張り替え修理、パーツやクッションの交換修理、オーダーソファの制作等

脚物家具を中心に日々施工を行っております。

生地が破れてしまったソファや椅子や、お部屋のイメージを変えたい場合など張替えをご検討の場合は、お見積り無料で行っておりますのでお気軽にご相談頂けたらと思います。

では、今日ご紹介させて頂くソファの張り替え事例になりますが、イタリアのソファブランドNATUZZI(ナツッジ)のソファをご紹介させて頂きます。

お預かりさせて頂いたのは、数十年使っていた本革の2シーターのソファになりますが、張り替え修理前の状態はこちらになります。

IMG_1377

 

御覧の通りソファの座面部分がかなり擦れてしまって、クッションもヘタってしまっているのが分かります。

革が擦れてしまって本来グリーンで着彩されていた革も色が剥げてしまって白っぽくなってしまっていますね。

革は加工される段階で色が塗装されているので、革の表皮が経年劣化で擦れて剥げてしまうとこの様になってしまいます。

IMG_1378

 

座る為に使うソファなので、長年つかっていると致し方ない劣化かと思います(;^_^

今回はソファ全体の革を張替えると料金もそれなりに掛かってしまうので、座面部分の革だけを張り替えて修理し、クッションも入れ替えていくこととなりました。

ソファをまずは引き取りさせて頂いて、工房でソファを背凭れと座面とに分解してから傷んでしまっている座面部分の張り替えを行い仕上げていきました。

IMG_2253

他に傷んでしまっていたアームの部分は塗装修理でこの様に修理させて頂きました。

IMG_1632

 

一度座面部分の革を本体から剥がして、型取り後に新しい革を裁断、そして縫製してカバーを仕上げてクッションの交換をして張り込みます。

IMG_2282

 

こちらが施工が完成したナツッジのソファです。

擦れていた肘掛や座面部分の革も奇麗な状態になり、全体的にあった退色も改善されました。

そして大事な座り心地もクッションを修理したことによって張りが戻って改善されたかと思います。

ソファや椅子が一度傷んでしまったら、もう使えないわけではなく張替えで生地やクッションを新しく交換して、

座り心地や見た目も奇麗に戻してまた使っていただく事が可能です。

廃棄前に一度修理もご検討してみては如何でしょうか。

張り替えるときに使う生地はどんなものがあるの?

値段はどのくらいするの?

ソファや椅子の引き渡しはどの様にすればいいの?

などなど、張り替えや修理に関する疑問があればお気軽にご相談頂けたらともいます。

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP