お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

おはようございます☼皆さん楽しい連休は過ごす事ができましたか?^^ 連休明け早速今日もソファーの張替え修理事例をご紹介していきますね♫

今日ご紹介させて頂くのは、ドイツのソファーメーカー、ヒモラのソファーになります。

ヒモラといえば独特の製造方法による、モールドウレタン(型にウレタン素材を流し込み成形するもの)が有名ですが、今回は張り地が本革のレザーソファーだったのですが生地の表面が破れてしまっていたり、剥がれてしまったりと革特有の劣化がある状態でした。

こちら修理前のソファーの写真になります。

ヒモラ 本革ソファ

IMG_5675

ご覧のとおり、やっぱり座面の部分の生地の劣化が一番激しいです(^_^;)

このように、座面だけの劣化が特に酷く、ほかの肘掛や背もたれ部分のパーツは然程の痛みが見られない場合などは革素材などは特に素材を仕入れる価格が、布や合皮に比べて高いので、全ての革を張替えてしまうと修理料金が高くなってしまいます。

その為特に傷んでしまっている座面の革だけを張替え交換し、ほかの部分は塗装などのメンテナンスによって綺麗な状態に戻してあげることで、全ての革を張替えずに済みます。

そのような修理方法をとると、全ての革を張替えるよりもソファーの修理費用をかなり抑えることが出来るのです。

今回もその方法で修理を行いました。

この修理方法でひとつ気になるのが、部分的に張替えてしまうと張替えた部分と張り替えなかった部分とに色の仕上がりに違和感が出ないか?

ということなのですが、そこはご心配なく^^

こちらが修理後のソファーのお写真になります。

IMG_0202

革がとても綺麗な状態に戻りましたよね^^

購入時は高い料金で購入したソファーも修理となると出費は抑えたくなる方も多いのではないでしょうか?

そのような場合は、こういった修理方法もありますので是非ご検討していてください。

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP