お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

こんにちは☼ 今日は本革生地のリビングソファーを修理しましたので、そちらの事例を紹介させていただきますね♬

広さのあるリビングじゃないと置けない、サイズのあるソファーでした^^

革生地のソファーや椅子、雰囲気があっていいですよね、生地に高級感があるというか何か高貴な印象を出してくれるようなそんな素材かと思ってます。

革に限らず布や合皮でも、良くお客様からメンテナンスはどうしたらいいか?

なんて声をもらうのですが、革に関しては乾拭きもしくはオイルメンテナンス。

大まかにこの二つの方法に分かれるのではないかと思います。

革の種類によってメンテナンス方法も変わってくるのですが、どの革がどのメンテナンス方法?

という、そのあたりは実際に写真や現物を見てみる必要があるんですけど少しのメンテナンスを続けてあげると寿命も違ってくると思いますよ^^

そして今日のソファーですが、使用年数もそこそこ経っていたので破れもあったりひび割れもあったりと座るところの革が特に傷んでいたんです。

IMG_0483 (1)

シンプルな6ピースのこちらのソファー、座面が結構傷んでいたんです。

IMG_0481

近くによるとこんな状態で、破れも出てきてましたからこのあたりの革は張替え修理ですね^^

椅子やソファーって座る人の好みで、座る場所がどうしても偏ってくる傾向があるんです。

だから生地が擦れたり痛んだりしてくる場所も自ずと偏ってくるんですよね。

できればそんなに傷んでいない箇所なんかは、わざわざ張替える必要もない。と思う場合が直す側も直される側も思う時があるわけで、実際に直さなくてもまだ使える部分を直した為に費用が嵩むっていう事がありますからね^^

今回は張替える部分以外は塗装修理で対応しました。

修理が終わったソファーの写真です。

IMG_0835

破れていた革もすっきり綺麗に戻りました。

IMG_0831

綺麗になりましたね。

革も布も合皮もソファーや椅子なら張替えが出来るので、傷んでしまった時などはご相談是非お待ちしておりますね♬

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP