お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

おはようございます☂ 皆さん週末は如何お過ごしでしたでしょうか^^ 今週も仕事始めとなりますが、頑張っていきたいと思います。

今日はハイバックの椅子の背もたれの張替え工程を少しご紹介させて頂きたいと思います。

ハイバックとはその名のとおり、椅子の背もたれの高さが通常のものより少し高いものになります。

どの程度の背もたれの高さが通常かという話になってしまうのですが、首の付け根が隠れる程度の椅子であれば背もたれが高く感じてくるのではないでしょうか。

デスクチェアやダイニングチェアなどゆったりと背中がもたれかかれるように作られています。

そんなハイバックの椅子の革を現在張替え修理中で、背もたれに張られた革を一度張替えの為に剥がし、新しく生地を張っていってるのでその途中経過を見ていただければと思います。

IMG_0876

既に古い生地は椅子から剥がした状態で、新しく革を背もたれにステープルで留めてあります。

これは仕上がりが表側にも裏側にも革がつくので、裏側用の革を正面から留めてある状態です。

IMG_0877

先程の写真の状態にクッションを付け、そしてその上に表側用の革も張っていきました。

この状態だと、革を留めているステープルが表に見えてしまっている状態なので、それを隠す意味でもこの革の周りには玉淵を取り付けていきます。

IMG_0887

このように周りに玉淵(パイピング)をとりつけて完成させていきますが、まだまだ後数脚残っているので、残りの椅子も納期までに仕上げていきます^^

皆様今週もお仕事頑張ってくださいね!

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP