お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

皆様おはようございます☼ 今日はアンティークの椅子の張替えについてご紹介させて頂きます♬

椅子やソファーはどこのご家庭にも必ずと言っていいいほど一つはあるものかと思います、当然ですが座るための家具なので荷重や摩擦などで劣化していきます。

そして椅子やソファーで劣化しやすい部分といえばクッションの生地部分。特に座面や背もたれ、そして肘掛などになります。

痛まないためにはどうしたらいいか、という事も偶にお客さんから聞かれることもありますが、傷ませないためには座らない事。となってしまいます。

それは有り得ないので言い過ぎですね^^

椅子やソファーの置いてある環境にもよって違いますが、生地の劣化は正確に言うと座らなくても少しずつ進んで行ってしまうのですが、毎日座って使うことによって摩擦などで劣化のスピードが上がっていきますよね。

そのスピードを遅くするために、日頃の少しのメンテナンスで延命してあげていくイメージです。

それでもやはりいつかは生地が破れたり、剥がれたり、汚れが落ちなくなってしまったり、伸びたりとしていくので、そうなってしまったら張替えをして、又新しい状態で使ってもらえます^^

今回もそんな一例で、教会で使われているアンティークな椅子だったのですが、とても味のあるウッドフレームの椅子でした。

その椅子の座面クッションを張替える作業をしました。

椅子座面クッション

フレームからクッションを外した状態ですが、合皮の下地からウレタンのシートがペロッと剥がれてしまっています。

合皮にはよくある現象です。

まずこの生地をクッションから剥がして、ヌードの状態にします。

IMG_0936

合皮がクッションから剥がれましたね^^

今回は座面の色を変えて少しイメージチェンジを図りたいとオーナー様のご希望で、こういう感じになりました。

IMG_0962

椅子の合皮生地も色々な種類があって、生地一つでかなりイメージが変わると思います。

なんだか少し高級感が出た感じがしてイメージを変えて良かったと思います^^

こんな感じで椅子もソファーも張替え修理で、新しく生まれ変わらせる事が出来るので廃棄を考える前に、修理や張替え屋さんに相談してみるのも良いのではないでしょうか。

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP