お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

日々の修理現場から、家具修理のエトセトラを、お届けしています 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

「ソファは家の命」と明言するドイツのブランド「ロルフ・ベンツ」ROLFBENZ

 

 あなたはひょっとして、ロルフ・ベンツのリピーターでは?

欧州から発し、世界的な知名度を誇るようになるソファブランドには、各国の小都市で頑迷なほどに技術にこだわり、それが成功につながることが珍しくありません。今回ご紹介するロルフ・ベンツもそのひとつです。ドイツ南西部の小さな町に端を発するロルフ・ベンツは、テレビが生活の中心になる時代に頭角を現しました。職人芸そのままに、ひたすらソファの座り心地のよさにこだわり続けるロルフ・ベンツ。一度手に入れたら、張替えや修理などでまめにケアをして、長きにわたって愛好してほしいブランドのひとつです。

 

ロルフベンツ画像画像1

 

  • 「調度品としてのソファは家の命」

ロルフ・ベンツの創業は1964年。

ドイツ南西部バーデン=ヴュルテンベルク州にある人口2万人強の小さな町、ナーゴルトがロルフ・ベンツの故郷です。創業者ロルフ・ベンツは、布張りを専門とする職人でした。

50年以上に渡ったソファを作り続けるロルフ・ベンツのポリシーは、ソファは家の命である、ということ。

また、そのソファに座ったときの座り心地は、そこに寝転ぶよりも快適でなければならないという厳しい則を自らに課し、ドイツ人らしい謹厳さでブランドを構築してきたのです。

ロルフ・ベンツにとってのソファとは、仕事の終わりにリラックスをし、あるいは新たなアイデアのために頭を働かせ、愛する人と寄り添ってテレビを見る場所です。1日のストレスも、ソファに座ることによって解消されることがソファメーカーとしての信念であったそうです。

 

ロルフベンツ画像1

 

  • ライフスタイルにこだわった60年代 コーナーソファの開発

現在では常識となっているコーナーソファを開発したのも、ロルフ・ベンツです。体を休める場所としては寝室がありますが、ロルフ・ベンツはソファのある居間こそ人々が自由なメンタリティをもって真にくつろげる場所だと考えていました。そのためには、人々が家具の配置に合わせて生活するのではなく、人々のライフスタイルにあわせた家具とソファの配置が必要であると考えたのです。こうして登場したのが、コーナーソファでした。

1964年の創業以降、世界中でテレビが普及します。ロルフ・ベンツは、この新たなライフスタイルにもマッチしたソファによって飛躍的な成長を遂げるのです。テレビを見ながらコーヒーやワインが飲めるようにサイドにテーブルを配したり、アームチェアをソファと合体させたりと、変幻自在に変化するのがロルフ・ベンツのソファの特徴となっていきます。

 

 

ロルフベンツが画像3

  • ブランド力をさらに高めた70年代~

卓越した技術力と、人々の生活にマッチしたソファの開発によって、ロルフ・ベンツは1971年からケルン国際家具見本市に出展するようになりました。

70年代に工場も拡張したロルフ・ベンツですが、その目的は価格を引き下げることではなかったのです。「Living at the best」という新たなモットーのもと、籐などの新素材を使用してさらにソファのバラエティを増やし、品質を落とすことなくあらゆるインテリアに対応するというスタンスでブランド力の向上をねらいます。素朴、ロマンチック、クラシック、モダンなどなど、あらゆるテーマに対応できるようになったのも、70年代に入ってからでした。

80年代に入ると、ロルフ・ベンツはスペインやギリシアの風景を背景にソファの撮影を行い、宣伝力によって世界の富裕層に名前を知られるようになります。1985年には、代表作となるソファ「6500」が発売され、ニューヨーク近代美術館のデザイン部門に登場するほど高評価を得ています。

 

 

ロルフベンツ画像4

 

 

  • グローバル化によって確立した「ロルフ・ベンツ」というスタイル

90年代に入り世界のグローバル化が進むと、ロルフ・ベンツの趣味のよさは各国の富裕層に認められて、予想外の需要増加を記録することになりました。メイド・イン・ジャーマニーの筆頭として、ロルフ・ベンツは確固たるブランドとなったのです。

2004年の40周年記念に発売されたソファ「DONO」は、21世紀に入ってから最大の成功を得ることになりました。まるで、宇宙に浮かんでいるかのようなスタイリッシュなデザインは、ロルフ・ベンツらしい快適さと美しいデザインを有しています。

ドイツのブランドらしく、人間工学を基本としたソファ作りに加え、ロルフ・ベンツには富裕層をリピーターにならしめる恒久的な美を有しています。

職人技から発した同ブランド、今や押しも押されぬドイツの顔となっています。

 

  • ロルフ・ベンツの人気ソファシリーズ

ロルフ・ベンツのソファの中には、ブランド力向上の推進力となったソファがいくつか存在します。その一部をご紹介いたしましょう。

 

・6500

https://www.rolf-benz.com/ja_JP/e383a1e3838be383a5e383bc/e382bde38395e382a1e383bc/6500

 

ロルフ・ベンツが世に出るきっかけとなった「6500」シリーズ。背もたれの高さを調節できたり、腰への負担が少ないクッションを使用したり、その座り心地については定評があります。他の追随を許さない美しいデザインは、もちろんその人気を支える要素。世界中のモデルルームの中でも、6500シリーズは象徴的な位置を占めています。

 

・DONO

https://www.rolf-benz.com/ja_JP/e383a1e3838be383a5e383bc/e382bde38395e382a1e383bc/dono

 

ロルフ・ベンツ創業40周年を機に販売開始となった「DONO」。

まるで宇宙空間にいるようなと形容される、モダンなデザインでベストセラー入りを果たしています。

快適さにおいても、DONOシリーズはソファの世界の新しい基準と激賞されたほど、1度座ったら病みつきに。必要に応じて変幻自在に変身するサマはまさに宇宙人級です。

 

VOLO

https://www.rolf-benz.com/ja_JP/e383a1e3838be383a5e383bc/e382bde38395e382a1e383bc/volo

 

イタリア語で「飛行」を意味するVOLOシリーズ、ロルフ・ベンツの新しい顔として注目度も大です。

これまれロルフ・ベンツが追求してきた座り心地も最上級に、フレキシビリティという点において未来型ともいってよい革新的なデザインとなっています。日本人にも好まれる、柔らかいラインも魅力のひとつ。

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP