お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

『カリモク家具の椅子』 生地の張り替え・クッション交換・木部の塗装修理

こんばんは🌙 今日もソファや椅子の張替え事例をお届けさせて頂きたいと思います♬

今日ご紹介させて頂く事例は、ラタンシートの背凭れが特徴的なカリモク家具の椅子になります。

味のあるアンティークなボビンターニングレッグの椅子ですが、モダンな生地に張替えて修理をすることでまた少し違った雰囲気が出ました^^

ソファや椅子の張替えや修理をお考えの方、そして張替えでどんな風な仕上がりになるのかご不安な方など。

ご興味のある方へ参考になれば幸いです。

 

今回お預かりさせて頂いたカリモク家具の椅子ですが、まずは張替え前のお写真をご覧いただければと思います。

 

IMG_6576

 

ボビンターニングレッグのアンティークチェア、いい風合いがありますよね^^

修理箇所としては、座面の真ん中が少し窪んでしまっているのが分かりますか?

クッションが長い間愛用したことによって、凹んでしまっているので中のウレタンクッションをまずは交換します。

そして座面の生地も傷んでしまっているので、生地の張り替えも行います。

 

 

IMG_6577

IMG_6578

 

そしてもう一点はアーム部分の木部のところに塗装の剥げがあって、そこもオーナー様は気になるという事で

塗装修理を行わせて頂きました。

 

IMG_6579

こちらですよね。。

肘掛に肌が触れて摩擦が起きてしまうのは致し方ないので、こうなってしまいますよね(-_-;)

使っている期間も長かったのでなおさらです。

座る為の椅子ですからね^^

 

 

そしてまずは椅子をお引き取りさせて頂いて、張り替え作業などを進めていきました。

選んで頂いた生地は今回は無地のもの。

結構今とは雰囲気変わりそうです^^

 

生地の張り替えの前に、座面のベースとなるウレタンクッション。

こちらの交換も必要です。

 

IMG_6651

 

交換前の、生地を剥がした状態のウレタンクッション。

クッションが硬化してボロボロです。

これではクッション性も無く、クッションとしての機能がなかなか果たせないかと思います。

新しいものに交換ですね^^

 

IMG_6656

 

新しいウレタンクッションにこの様に交換しました。

これで土台となるクッション部分は問題ないですね^^

そして新しい生地を裁断縫製し、このウレタンクッションに張り込んでいきます。

 

IMG_6662

 

落ち着いた色味の無地の生地。

ナチュラルな感じで良いかと思います^^

 

そしてこの出来上がった座面部分を、椅子にセッティングして完成です!

 

IMG_6746

IMG_6750

IMG_6751

 

椅子の雰囲気変わりましたよね♪

張り替え前よりもナチュラルで、柔らかい感じの雰囲気になったかと思います。

問題だったアーム部分の木は塗装修理をしました。

IMG_6748

 

これで、幾つかの問題があったアンティークチェアも奇麗な状態に戻りました^^

張り替えや修理でソファや椅子を永く使ってみては如何でしょうか☆

 

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP