お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

おはようございます☼ 東京も夏日が続いていますね、皆様体調崩さないようお気を付けください♬

今日は、ど派手なインパクトのあるソファーで有名な、フランスのロッシュボボアのソファーを修理しましたので、そちらの事例紹介をさせて頂きます。

派手なカラーパターンのイメージがあるロッシュボボアのソファーですが、今回修理させていただいたのは総革張りのソファ。

座面のクッションが2

分割されていて、クッション材にはフェザーのふっくらしたクッションが使われていましたが、そのクッションが年数とともに潰れてきてしまい、今はクッションとしての役割も果たしていないとのこと。

今後使っていくことも考えて、クッションはウレタン性のものに交換しました。

修理前のソファーの写真がこちらになります。

ロッシュボボア

クッションがペシャンこです(^_^;)

まずはこのクッションを交換し、そして革の表面もシミや汚れなどで傷んでしまっているため、こちらも革表面の塗装メンテナンスを行いました。

IMG_0134

こちら一緒にお預かりした3人掛けのソファーの写真ですが、2人掛けも同じように革の表面の塗装の剥がれなどがあったので、綺麗に修理していきました。

家の外壁塗装や車の塗装などのサービスは一般的に広く認知されているサービスかと思いますが、認知度のあまり高くない革の塗装修理。

革の状態によって、張替えを選択したり、塗装修理を選択したりとできることによって、今までは全てのパーツを張替え比較的高額になっていた革ソファや椅子の修理も、より安価に提供できるようにもなり、もともとは動物から貰っている本革、その革の無駄な廃棄の量も減ると思います。

まだまだ広がっていないというところもあると思いますが、より良いサービスを提供し今後更に皆様に認知していただけるよう、頑張っていきたいと思います^^

修理が完了したあとのソファーの状態です。

IMG_0680

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP