お問い合わせ 03-6869-4017

お見積りや皮革修理無料サンプル請求はこちら

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12
contact@tableinc.net
news
MENU

様々な修理方法の中から仕上がり具合からコストまで提案できる熟練の施行 椅子とソファーの
張り替え修理
ファニチャー リペア テーブル

こんにちは☼ 今日は輸入の本革ソファの張替えをしていますので、その一コマをお伝えさせていただきたいと思います♪

お預かりしているソファーは本革生地が張られた、クッションソファー。

背もたれと座面にクッションがあり、フェザーのふかふかのクッション。だったようです^^

今はクッションの羽も飛び出てきてしまって、前のように快適に座ることができなくなってしまったようで、ステッチの部分も破けてしまっているようです。

お引き取りさせていただいたソファーはこちら。

IMG_1012

全体的に革の経年がありますが、今回は座面の劣化が特に酷く、生地とクッションを交換したいというオーナーのご希望でした。

座面の奥行もあり、ゆったりと座れる2シーターの3人掛けタイプです。

座面に座る有効な奥行が500mm程度だと普通に座れるソファーや椅子、それが650mm~700mm程度だと、座ってみると「ゆったり座れるな~」という感覚だと思います。

その10cm~20cmほどの差は大きいのかと思います^^

そして今回は座面のクッションが今まで革だったのですが、使う用途や後のことを考えて、革生地から布生地へ張替えることになりました。

背もたれと肘掛け、その他本体部分は革、座面クッションは布生地。どんなマッチングにま出来上がりが楽しみです^^

まずは、現状フェザーのクッションを今後は比較的しっかりとしたウレタンクッションへ変えたいとのご希望で、クッションの交換作業をしました。

IMG_1138

形状に合わせてパターンを作り、クッションを作成です。

そしてこれに縫製した布生地のカバーを被せます。

IMG_1140

グレーの輸入生地、素敵な生地なんですよ★

あとは肘掛の革も痛みが大きいということで、肘掛は革で張替えて、セッティング後に納品になります。

納品時の出来上がった様子もお楽しみに^^

 

最新事例

contact

お見積り依頼

PAGE TO TOP